実践基準

  1. 何がシブショップで、何がそうではないか。
  2. シブショップの目的を支持すること。
  3. シブショップが適切なアプローチではない子どもを(他の機関に)紹介すること。
  4. 気がかりな情報と行動を親御さんと適切な機関に報告すること。
  5. 支払いができない家族がシブショップを利用できるようにすること。
  6. シブショップに家族が関わること。
  7. シブショップで行う活動を選ぶ際にきょうだいを含めること。
  8. 評価をすること。
  9. 適切なファシリテーターを探すこと。
  10. トレーニング。
  11. SibGroupのメンバーになること。

    SibGroupは、シブショップあるいは類似のきょうだいプログラムを運営する人たちのための、きょうだい支援プロジェクトが主宰する無料のメーリングリストです。シブショップを運営している他の人たちに出会って、アイディア、挑戦そして成功物語を共有するためのすぐれたフォーラムです。きょうだい支援プロジェクトが世界中のシブショップとやり取りをするのに最も簡単な方法でもあります。登録シブショップになるためには、あなたのシブショップの連絡先を担う人が、SibGroupメーリングリストに参加しなければなりません。また、他のスタッフの参加も奨励されます。リストに登録するには、きょうだい支援プロジェクトのウェブサイト(www.siblingsupport.org)を訪問するだけです。

    しかしながら、SibGroupは英語のリストです。したがって、英語を話さない人がシブショップを運営する場合に、この条項は障壁となる可能性があります。そこで、日本のシブショップで英語のリストに参加するのは無理という場合は、きょうだい支援を広める会のメーリングリストに参加すればよいこととします。きょうだい支援を広める会のメーリングリストに参加するには、オーナーアドレス宛てに、お住まいの都道府県名、お名前、使いたいメールアドレス、運営しているきょうだい支援プログラムの名称(すでに始めている場合)をお書きのうえ、申込をしてください。

  12. シブショップ・カリキュラムを拡充すること。
  13. Sibshop(シブショップ)という名称とロゴを適切に使用すること。
  14. あなたのシブショップを登録すること。